Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

DIARY

大きな柿の木の下で

小さい頃から歩いていた近所の細い道。

さっき何年かぶりに歩いたら、

田んぼだった場所が駐車場になってた。

朝早起きして、田んぼでオタマジャクシを捕まえたり、

木の下に落ちてべチャッとつぶれた柿をみて、

うぇーーーってなったり、

柿の木の下の石に座って涼んでみたり、

ボロボロの空き家の庭に

ちょこっと入って探検したり、

手をつないで歩いたり

近道にして歩いた道。

あの道の大好きだった大きな柿の木も

いつの間にかなくなって、

土はコンクリートになってアパートが建って。


こうしてどんどん

裸足で土の上を歩くことがなくなって

木の温もりや

大地の温かさに触れられなくなって、

人は自然の中で生かされてることを

どんどん忘れていってしまってるんだ。

って思ったら

恐ろしくなってしまった。


ここ何年か、

きっと311以降。

人が人でなくなってしまっている世の中に生きる中で、

それでも自分は、

そんな中でも

いつまでも人として

人間らしく生きていたいと

心から思うようになった。



私はきっと人よりも少し多く、

感じやすい心を持っているから、

こうして歌にして唄って

人に伝えていく役目をもらったんだと思う。

だからこそ

歌い続けるのだ





SAKi

 
  • 2014.05.29 Thursday
  • 01:10

-

スポンサーサイト

  • 2014.05.29 Thursday
  • 01:10
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment