Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.05.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

DIARY

生きる

 



生きるということ。


息をして

太陽の光を浴びて

雨に濡れ


人と接し

傷つき

悲しみ

泣きわめき

それでも乗り越え

喜び

笑い

助け合い

抱きしめ合い

握手をする。

そして

何度も何度も

生きる喜びを噛みしめる。



6月30日

一年のちょうど真ん中の日。

みんなにとっても
私にとっても大切な友人が
星になりました。


笑顔の可愛い
ピュア過ぎる人。

みんなに愛されていたのに。


まだまだ早すぎる
突然過ぎる死に
誰もが戸惑いを隠せない。


何してんの。ほんと馬鹿なんだから!って
毎日毎日どんなに泣いても怒っても
戻って来ない。


いつもみたいに
ひょっこり現れるんじゃないかって
やっぱり嘘なんじゃないかって
何度も思った。


本当に何してんだか。
こんなにみんなを悲しませて。


ひとりひとりの中で
存在が大きすぎて
みんな悲しんでるよ。


こうしてあげてればとか
もっとこうしたかったとか

いろんな想いがそれぞれあるけれど、

自分で選んだ道なんだよね。


許せないけど
嫌だけど
受け止めていくしかないんだね。



生きてたら
こんなにも
悲しいことが突然起きるんだ。

でも
生きてたら
幸せなこともたくさんある。


生きてたら
何だって出来るんだから。
生きてるだけでまるもうけなんだから。


両親からもらった
たった一つの命を
ふたりの愛の結晶を
大切に
一生懸命
生きて行こうと決めた日。


残されたみんなで
ひとりひとり
一生懸命自分の人生まっとうに生きて

星になったその時に、

また笑顔で会えたらいいな。

だからそれまでちょっとのお別れ。

ちゃんと待っててね。


明日からまた
前を向いて生きていくよ。


自分の大切な人たちが
傍に、周りに、居てくれること、
日々のひとつひとつに
前よりも
感謝出来るようになった気がする。

ありがとう。

可愛い笑顔と
優しい気持ち
素敵な仲間
楽しい想い出
たくさんありがとう。

ゆっくりやすんでね。

また逢える日まで。

SAKI
  • 2011.07.05 Tuesday
  • 22:57

-

スポンサーサイト

  • 2014.05.29 Thursday
  • 22:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment